中古車の下取りと買取りは別のこと?


車の買い替え時は人それぞれ。
より高価買取を狙って新車購入から3年程度で売ってしまう人や乗りつぶす人まで。どちらが得かはよくわかりませんが。
どちらにせよ、次の車を購入する場合には、現車をどうするのかという問題が出てきます。

大きくわけるとディーラーへの下取りか買取業者に買取してもらうかです。
あ、知人友人に直接売るというのもありますが、これはイレギュラーです。
大きくは上述の2例だと思います。さて、それでは、下取りと買取だとどちらがお得なんでしょうか?

考え方はいろいろあるようですが、実際問題としてはどちらが得かどうかは判断しにくいようです。
自分の愛車次第ということになってしまいます。
ちなみに、ディーラーの下取りだとやはり年式や走行距離が査定のウエイトを占めると言われています。マニュアルにしたがって、粛々と査定してくれます。

では、買取業者の場合はどうか?これは、市場に合わせるのが多いです。資本主義社会を体現している業界ですね。
中古オークションの価格も参考にしながら、独自の情報を駆使して金額を弾き出します。

そうなると、条件付きですが、ある程度年式が若い車種ならディーラーに下取りしてもらうほうがいいかもしれませんね。
逆にいうと年式が古いなら下取りは諦めて買い取り一本で行く覚悟が必要かと。
年式が古くても状態が良ければ、それ相応に買い取り業者だとイイ値で買い取ってくれる業者もありますから。
その場合、利用するのは一括査定サイトでオンライン見積をすれば、楽ちんに競争見積がとれます。
古くもなく新しくもない車種なら下取りと買い取り両方試してみるのもアリです。動いた分以上に差額が
生じるのであれば、頑張るしかないですよね。

それと、豆知識ですが、ディーラーの下取りというのはあくまで、次の新車購入との抱合せなので、買い替え車種の人気度合いなども複雑に絡み合ってくるので、単純な見積とはいかないようです。
人気度合いもそうですが、競合他店との競争状況も加味されますし。多くは、次の新車購入とのグロス見積になるでしょうね。
最後の最後の値引きはおそらく、一括で値引きしてくれるでしょうから。

ただ。次の車を新車ではなく、中古車狙いだと下取りと比較するということは難しくなりますので、その場合は、買い取り一本に絞って、一括買い取り査定を利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

http://car-assessment.me/usedcar/
中古車査定の専門サイト!どこよりも高く愛車を買取りしてもらおう!
ページ上部へ戻る